Home > 過去の事業

過去の事業

公共都市たかさき策定委員会 6月委員会事業のご報告 (2013/06/19)

6月16日(日)高崎市連雀町の小泉ビルにて、公共都市たかさき策定委員会 6月委員会事業を開催いたしました。


本事業のテーマは「街の魅力を再発見 ウォークインたかさき」。高崎の街の魅力を見て、聞いて、歩いて感じるという事業です。
パネル1.JPGパネル2.JPG


こちらはパネル展示の様子です。


街中で開催されるイベントや高崎哲学堂の設立運動、井上房一郎氏の功績、もてなし広場の歴史など高崎の街の魅力を8枚のパネルにまとめ、展示いたしました。
座談会1.JPG座談会2.JPG


座談会では、高崎経済大学 教授の友岡邦之氏と株式会社有花園 専務取締役の亀田慎也氏をお迎えして、街の魅力についてお話しいただきました。


地域づくりにおける文化資源活用などを研究されている友岡邦之氏は「まち歩きをして、その街の歴史を知ることでもっとその街が好きになる」「たくさんある高崎の街の魅力を資源として活用していかなければならない」と、


<音楽、アート、演芸の情報発信拠点をまちなかで>をコンセプトに小泉ビルのリニューアルプロジェクトに携わる亀田慎也氏は「高崎の街を日常から音楽で溢れる街にしたい」と話してくれました。
ウォーク1.JPGウォーク2.JPGウォーク3.JPG
ウォーク4.JPGウォーク5.JPGウォーク6.JPG


いよいよ、まち歩き開始です!


委員会メンバーや高崎経済大学の学生たちが建物や施設、通りなどでそれぞれの歴史や魅力をガイドいたしました。
ウォーク感想.JPG長沼委員長まとめ.JPG


まち歩き終了後には参加者や出演者、ガイドをしてくれた学生から実際にまち歩きをした感想をいたただきました。


そして最後に委員長の長沼良和君が思う「高崎の3つの魅力」を発表し、まとめといたしました。


ウォークインたかさきガイド.pdf ウォークインたかさきマップ.pdf
こちらは当日配られた、まち歩きガイドマップです。これを使って皆さまも高崎のまち歩きをして、街の魅力を感じてみては!


6月第一例会 地域経済研究例会のご報告 (2013/06/19)

6月12日(水)高崎市総合福祉センターたまごホールにて、6月第一例会 地域経済研究例会を開催いたしました。


講師にはコミュニティデザイナー山崎亮氏をお迎えして「高崎の未来を描こう~100万人が一度だけ訪れる地域ではなく、1万人が100回訪れたくなる地域を目指して~」というテーマでご講演いただきました。
高崎の課題.jpg事例紹介.jpg


委員会が行なった事前アンケートによると、中心市街地の衰退と歴史的文化的遺産の活用が高崎の課題として抽出されました。


これに対し山崎亮氏は、有馬富士公園や延岡市えきまちプロジェクト、富岡市世界遺産まちづくりなど、自らが実際に携わったコミュニティデザインの事例を紹介してくださいました。


コミュニティデザインとは地域の課題を地域に住む人たちが解決するために、ワークショップなど人と人とがつながる仕組みをつくり、そこにさまざまなアイデアを持ち寄ってコミュニケーションを図りながら解決していくという考え方です。
質疑応答1.jpg質疑応答2.jpg


質疑応答の時間には「この会場の人たちとワークショップをしてみたい」との声も!


地域住民自らの手で地域経済活性化へ向けての仕組みづくりを考え、そして、その一歩を踏み出す。


山﨑亮氏は、その為の切欠を与えてくれたのではないでしょうか。


石井委員長まとめ.jpg6月第一例会.jpg
来場者と思いを共有する担当の地域経済研究委員長 石井太郎君(左)/6月第一例会 記念撮影(右)


第6回定例理事会のご報告 (2013/06/06)

飯野委員長.JPG五十嵐委員長2.JPG
志民主権確立委員長 飯野陽彦君(左)/地域政策研究委員長 五十嵐俊輔君(右)


6月3日(月)、高崎市総合福祉センター第一会議室にて第6回定例理事会が開催されました。


今回の理事会では、
〈1〉正会員承認の件
〈2〉仮入会者承認の件
〈3〉2013年度選挙管理委員会 委員承認の件
〈4〉高崎市屋外広告物審議会 委員出向者承認の件
〈5〉高崎市勤労青少年ホーム運営委員会 委員出向者承認の件
〈6〉高崎市公民館運営審議会 委員出向者承認の件
〈7〉6月第二例会(第43回群馬ブロック大会)の件
〈8〉7月第一例会(志民主権確立例会)の件
〈9〉第23回参議院議員通常選挙 公開討論会の件
〈10〉臨時総会の件
が審議可決されました。


公開事業といたしましては、
7月11日(木)19:00より高崎市市民活動センター ソシアス第1・第2・第3活動室にて開催いたします7月第一例会 志民主権確立例会と、
7月2日(火)18:00より高崎市文化会館 大ホールにて開催いたします第23回参議院議員通常選挙群馬選挙区公開討論会です。


皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。


第23回国際交流の集い (2013/06/03)

6月2日(日)もてなし広場にて、第23回国際交流の集いが開催されました。
国際交流全体.JPGのサムネイル画像募金.JPGのサムネイル画像


高崎青年会議所としては、NOTHING BUT NETSといのちのみずプロジェクトへの募金を募りました。
募金箱.JPGのサムネイル画像蚊帳.JPGのサムネイル画像


NOTHING BUT NETSはマラリアの蔓延防止・撲滅を目的としてアフリカのこども達へ蚊帳を送る運動です。


およそ1,000円で1張の蚊帳を送ることができ、1人でも多くの命を救うことにつながります。


こちらの運動は、当青年会議所の各公開事業でも募金活動を行なっておりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。
いのちのみず.JPGのサムネイル画像活動報告.JPGのサムネイル画像


いのちのみずプロジェクトは、1口500円から貧しい国々のための井戸建設費を募るという昨年度からの継続事業です。


プロジェクト参加の証としてピンバッヂを差し上げております。


今回は、昨年度までに募った費用で井戸を建設し、貧しい国の人々が生活に必要なきれいな水を実際に利用している写真をパネル展示いたしました。


5月第一例会 地域政策研究例会のご報告 (2013/05/17)

5月10日(金)高崎市総合福祉センターたまごホールにて、5月第一例会 地域政策研究例会を開催いたしました。


本事業のテーマは「就職政策最前線!!~行政、企業、若者で考える就労政策~」です。


第1部では基調講演として、法政大学キャリアデザイン学部教授の児美川孝一郎氏に「若者はなぜ就職できなくなったのか?」についてご講演いただきました。
児美川1.jpg児美川2.jpg


高卒就職と大卒就職の違いや就職難の現状、就職難の背景と要因などについて、具体的な資料に基づいてわかりやすく説明してくださいました。


第2部のパネルディスカッションでは、パネリストとして引き続き児美川孝一郎氏、企業代表として松本明徳氏、若者代表として辻岡徹也君をお迎えし、「行政、企業、若者で考える就労政策」というテーマでディスカッションしていただきました。
第2部.jpgパネリスト.jpg


高崎市の有効求人倍率が県内第1位であることについて、若者の就労支援センタージョブカフェぐんまの運営に携わる辻岡徹也君は「実態とはギャップがある」ことを話してくれました。


一方、モテコ出版の松本明徳氏は、若者を積極的に採用する理由について「元気な企業であるためには継続的な雇用が必要。我々の常識がいずれ非常識になる。若い人のアイデアを常に求めている」と話してくださいました。


若者と企業に起こるミスマッチについて児美川孝一郎氏は、「若者に問題があるから就労政策が必要という考え方ではいけない。企業も行政も若者に歩み寄らなければならない」とおっしゃっておりました。


また地域政策研究委員会が調べたところ、現在行政が行なっている雇用環境の充実に結びつく政策について、国としては「トライアル雇用」が、高崎市としては「就労支援サイト開設」や「ビジネス誘致キャンペーン」、「ビジネス立地奨励金」、「雇用促進奨励金」、「高崎・玉村スマートIC」が挙げられました。


最後に、「私の考える若者就労政策」を辻岡徹也君に発表してもらいました。
若者就労政策1.jpg若者就労政策2.jpg


辻岡君は「働く力をつける」「働く場をつくる」「働く場と結ぶ」という3つの政策を掲げ、そして自ら若者に対して「自助努力は怠ってはいけない」と熱弁を振るいました。


若者の皆さまが多く来場されている中、より身近な就労政策について考えることで、政策や地域に関心を持つことができたのではないでしょうか。


五十嵐委員長.jpg記念写真.jpg
コーディネーターを務める担当の地域政策研究委員長 五十嵐俊輔君(左)/5月第一例会 記念撮影(右)


Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27  

ページのトップへ ▲