Home > 過去の事業

過去の事業

たかさき市民討議会VOICE2015 実施報告書提出のご報告 (2015/12/17)

  

たかさき市民討議会VOICE2015実行委員会では、平成27年9月13日(日)に「たかさき市民討議会VOICE2015」を開催し、「子どもと家族」をキーワードに子ども・大人・家族が楽しめるまちづくりについて、市民の皆様に活発的に討議して頂きました。
その事業報告書をまとめ、平成27年12月16日(水)に高崎市に提出いたしましたことをご報告いたします。


たかさき市民討議会VOICE2015報告書【VOICE2015】実施報告書.pdf

CIMG0172.JPG

CIMG0166.JPG



10月第一例会 第19回高崎JCフォーラムのご報告 (2015/12/03)

  

 本事業は、高崎青年会議所2015年度の総括の事業として、高崎の到達すべき「未来の姿」を描いてもらうために開催致しました。第一部の委員長発表では今年度発信をしてきた委員長8名に登壇してもらい、一年間発信してきた事、その事が実現した未来、その為に必要な事をそれぞれ発表してもらいました。計画から当日まで、リハーサルや打ち合わせを通じ、高崎の到達すべき「未来の姿」を描く為に、委員長が自分の事業としてとらえ気持ちを一つにして、それぞれの一年間の活動をしっかりと発信する事ができました。
 一つの事業の内容は理解していても、時間が経つと事業の内容も頭から薄れていき、一つ一つの事業が断片的な記憶になってしまいます。一度に各事業の発信内容を改めて確認する事で全体像が見えてくるという声もありました。その事からも2015年度の運動を再確認できたといえます。
 フリートークについては、スピーカーに鈴木輝隆氏と理事長、第一部登壇委員長8名、計10名で行いました。委員長発表を受け、委員長の発信する未来について、更なる魅力ある高崎に近づける為にはどうすればよいのかを、①地域愛②体験教育③広域の3つのカテゴリーに分けて話を進めました。①の地域愛については、定住人口を増やす為に地域愛を確立し、人が外に出ていかないようにする事について、②の体験教育については、次世代を担う若者に対しての、高崎にある高崎らしい体験教育について、③の広域については、内から考える高崎の魅力について考えるだけではなく、広い目線で見た高崎の役割や、経済発展の可能性、高崎に住む事の魅力やその魅力を発信する事の大切さの話をしました。フリートークにおいては、委員長が担当事業の中で発信できなかった事や、一部委員長発表の際に伝える事の出来なかった事を伝える事ができました。
 第二部については、第一部で委員長達が発信した高崎の未来をおさらいしながら、高崎青年会議所の考える未来を言葉だけでなく未来図を使ってしっかりと提言をしました。街を発展させ、明るい未来を創る為には、定住人口の増加が不可欠であり、定住人口を増やす為には魅力ある街にならなくてはならない事を発信すると共に、一人ひとりが未来を描く事が大切であるという事を伝えました。
 アンケートの結果から、高崎の「未来の姿」を可視化する事でよりイメージをしやすくなり、高崎青年会議所の考える都市高崎の未来予想図を提言し、理解してもらうことができました。


当日ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。


IMG_5314.JPG
IMG_5390.JPG
IMG_5401.JPG
IMG_5420.JPG


10月委員会事業のご報告 (2015/10/20)

  

地域の文化探究委員会事業 「かんのん山大冒険!!〜THE 宝探し〜」


日 時:2015年10月18日(日)10:00~13:00
会 場:高崎観音山
参加者:300人


■開催趣旨
 高崎には何もないと嘆く人がいます。無いのではありません、ただ興味が無いだけです。高崎市民の身近にある「ちいさな文化」、それが正しく浸透していません。市民が自発的に発信できる魅力とは何か。市民にとって身近にある「観音山」という文化の集積地の真価を可視化、発信することで郷土愛が芽生え、市民はその「ちいさな文化」を誇り、やがて高崎市民共通の「価値」となります。次世代へと大切に語り継がれてゆくはずです。身近にある「ちいさな文化」を再発見し、高崎市民がその魅力の語り部になることを目的として開催させていただきました。


■事業内容
 本事業は観音山を舞台とした宝探しゲームです。このゲームで参加者は謎解きを通して観音山の文化スポットを巡り、お宝の在りかを目指していただきました。身近にあるけれども意外と知らない「ちいさな文化」に触れていただきました。

 「昔、この山に住んでいたカッパから『おいらが隠したお宝を見つけてごらんよ』と、挑戦状が届き、共に探してくれる冒険家を募る」という物語で参加者を募らせていただきました。
 今回、高崎市より特別な許可をいただき、本事業の集合場所として開放していただいたカッパピア跡地、大人の方には懐かしく、また子供の皆さんには新鮮な公園に映ったのではないでしょうか。


 カッパピア跡地にて「冒険の書」を手にした参加者はそこに書かれた数多くの謎を解き、目指すべき文化スポットを周遊しました。謎が示す先で探し出した「千両箱」には「かんのん山クエスト」という各文化の魅力を題材にした問題用紙が隠されていました。そして、各文化スポットにはその魅力を解説した「パネル」が展示されており、それを手掛かりに各「かんのん山クエスト」を攻略してゆきました。
 すべてのクエストを攻略し、キーワードを集めると最後の謎に挑むことができました。すべてのクエストを攻略した冒険家は「観音山マイスター」の証号を手にし、
最後の謎に挑む権利が与えられました。そして、ついに最後の謎を解き明かした冒険家には宝箱の中のお宝をカッパからプレゼントされました。
 ゲームをクリアーした冒険家の顔には笑顔が、そしてその胸には観音山マイスターの証「缶バッヂ」が光っていました。
 

■最後に
 高崎市民にとって身近にある「観音山」という「ちいさな文化」を再発見し、高崎市民がその魅力の語り部になることを目的として開催させていただきました当事業。参加者には観音山という広いフィールドを周遊しながら、そこの文化について学んでいただきました。そして、観音山の魅力を感じていただけたと思います。
当事業は先着300名の募集枠に対し、総計1,000名を超える市民の皆様から応募をいただきました。この度、ご参加いただけなかった市民の皆様、誠に申し訳ありませんでした。
観音山が益々発展していくことを祈念申し上げ、「かんのん山大冒険!!〜THE 宝探し〜」」のご報告とさせていただきます。
 最後になりますが、ご来場いただきました皆様、ご協力いただきました関係者の皆様、誠にありがとうございました。


IMG_1048.JPG

IMG_2864.jpg


たかさき市民討議会VOICE2015のご報告 (2015/10/02)

  

『家族と楽しむ高崎プロジェクト~きっかけは子どもから!笑顔あふれるまちづくり~』


日時:平成27年9月13日(日) 9:00~17:00


場所:cafe あすなろ


参加者:34名


開催趣旨
高崎市では、高崎市市民参加推進計画(平成18年策定)に基づき、市民の声を施策に生かすため、公募による市民会議や、パブリックコメントなど積極的に取り組んでいます。
これまでの市民参加の手法では、日頃から積極的に市政に参加している方からの意見が多く、市政に参加したことがない方からの意見は決して多いとは言えません。本当の意味での市民参加とは、声を上げない多数の市民(サイレントマジョリティ)までをも取り組んだものではならないのです。これまでの市民参加の手法では汲み取ることのできなかった「声なき声」を聴くため、市民討議会という手法を用い、真の市民参加を推進していくことが開催の目的であり、市民意識の醸成が図られ、住民自治による協働のまちづくりを推進する第一歩に繋げることを目的とし事業を開催いたしました。


事業内容
無作為に抽出した高崎市民41名(内当日参加者34名)の参加者により、テーマ『家族と楽しむ高崎プロジェクト~きっかけは子どもから!笑顔あふれるまちづくり~』について「子ども」や「家族」をキーワードに5つのテーマ・7つのグループに分け、高崎のまちづくりについて考え、対象エリアを高崎駅から中心市街地を経由して烏川河川敷周辺に設定したうえで参加した市民に発案を促し、子どもが行きたくなるまち、つまり子どもを連れてくる大人も集まるまちであり、老若男女を問わない魅力のあるまちであると考えて「子ども」の集客を切り口に、子どもを連れてくる「大人」も、「家族」と楽しめる高崎のまちを思い描いてもらい話し合いを行いました。各グループから得られた意見の発表に対し、参加者全員で投票を行いました。


最後に
休日の中、たかさき市民討議会VOICE2015参加して頂いた皆様誠にありがとうございました。
参加して頂いた皆様から得られた意見をまとめ、平成27年11月18日(日)に中間報告会を開催いたします。参加者の皆様、中間報告会のご参加お願い致します。


R0012838.JPG
R0012841.JPG
R0012954.JPG
R0012969.JPG


9月第一例会のご報告 (2015/09/25)

  

開催報告『9月第一例会広域政策探究例会』


高崎移住計画2015 in TOKYO~居・職・住から考えるTAKASAKIという選択~


■日時:2015年9月12日(土)13時30分~16時30分
■会場:パソナグループ本部ビル8階ホール(東京・大手町)
■参加者:240名
■参加者の在住地(多数順):東京都、群馬県、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、長野県、大阪府、北海道


■開催趣旨:


―10年後、あなたはどこで暮らしていますか?
"地方で暮らす" という選択肢が "人生の新しい価値" になると信じて


毎年1万2000人を超える人々が高崎市から住所を後にし、その1割を超える人々が東京都に転入している。その多くは10代後半から20代前半の若年世代であり、そのため高崎市の生産年齢人口は年々減少傾向をたどり、2010年からの30年間で約24パーセントの生産年齢人口が失われるとの推計が出されている(国立社会保障人口問題研究所2010年発表)。そして、その結果として2040年には高崎市の人口の2.8人に1人が65歳以上の高齢者になると考えられている。さらに、日本全体に目を向ければ、地方から出生率が全国で最も低い東京都に人口が集中することにより、我が国全体の少子高齢化にも拍車をかけている。
これら地方の人口減少問題は、最近では「地方消滅」(日本創生会議人口減少問題検討分科会「増田レポート」2014年発表)という言葉でさまざまな場面で取り上げられ、この国から多くの「ふるさと」が失われる可能性が指摘されている。この「地方消滅」問題は、地方の大きな政策課題であるとともに、我が国全体で見ると、即ち、この国が持つ豊かな資源や自然環境が失われることにも繋がり、そのような背景からも、私たちは今、あらためて「地方で暮らす」ことの価値を見つめ直す必要があるのではないかと考える。
昨年8月、政府が行った調査において、東京都在住者の約4割の人たちが何らかの形で地方への移住を希望しているとの結果が公表されている。そのような中にあって、高崎市が地方移住の受け皿となり、地域のさらなる成長・発展につなげていくためには、行政や市民が地域の中だけでまちを考え自己完結させるのではなく、より広域的な視点により高崎の個性や価値を探究し、そのポテンシャルを積極的に外部に発信していく必要がある。
そこで、その直接的な対象となる東京圏在住者に対し、高崎が地方移住の目的地として、いかなる場所性、地域性そして可能性を有しているのか、その「広域的ポテンシャル」を発信することで、近い将来の移住先としての一つの選択肢を示すことを目的として本事業を開催した。


■事業内容:
<趣旨説明>
現在、日本が抱えている「人口減少」「一極集中」「地方消滅」の各問題、そしてそれに対する東京都在住者の地方移住ニーズ等を紹介するとともに、人がなぜ東京を目指すのか、地方と東京が「Versus」(対抗)の関係ではなく「Value Supply」(価値の補完)の関係を築き上げる必要性等を説いた。


<チェックイン>
東京圏在住者、群馬県在住者、JCメンバー等を含む参加者同士が10名1グループとなり、「参加した目的」「地方移住に対するイメージ」「高崎市に対するイメージ」等についてディスカッションにより共有した。これにより会場内には活発かつ柔らかい雰囲気が作られていった。


<キーノート>
ゲストスピーカーとして日本財団CANPANプロジェクト代表で高崎市出身の山田泰久氏に登壇いただき、「『東京』から見る『出身地』」をテーマに、近年、若手を中心とした地方出身者が東京から地元を盛り上げようと各々特色ある活動を繰り広げている「ネオ県人会」やその活動シェアの場でもある「出身地Day」について解説いただくとともに、東京から見た高崎の立ち位置等についてスピーチをいただいた。
中でも、今般、世界記憶遺産の候補に選定された「上野三碑」の一つである「多胡碑」に記された「羊大夫」(奈良時代に高崎から奈良の朝廷まで日参したとされる豪族)の伝説を活用し、高崎は「元祖遠距離通勤の地」として新幹線や上野東京ラインの利用により東京への通勤・通学が可能であるということをもっとアピールしていくべきではないかとの提言が印象的であった。


<クロストーク「居&住」の部>
「進化する宿場町―IJU者が語る高崎のまち、ひと、コミュニティ」と題し、いずれも高崎(ないし群馬)へのI・J・Uターンの経験を持つ近藤亮氏(㈱パソナ)、金丸美樹氏(森永製菓㈱)、田中清明氏(高崎市企画調整課)、阿部剛志氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱)の4名にスピーカーとして登壇いただき、JCメンバーでもある山田堂雄氏(山一不動産㈱)をコメンテーターに加え、自らの経験を踏まえた上で、IJUターン者から見た高崎の「まち」「ひと」「コミュニティ」について語っていただき、高崎の広域的ポテンシャルを浮き彫りにしていった。
結構な「都会」から本当の「田舎」まで生活スタイルや価値観に合った幅広い選択肢があること、駅を中心にしてまちがコンパクトにまとまっていて生活がしやすいこと、高崎が中山道の宿場町として発展し、昔から多くの人びとを迎え入れては送り出してきたという歴史的背景から、高崎には多様な価値観を持つ「よそ者」を適度な距離感をもって温かく受け入れる文化(宿場町DNA)が息づいており、それによりこの地域への「腰掛け移住」に対して人々が寛容であること、その他、高崎に「住」を構えるメリット、高崎まつりの魅力、保育・医療・災害に対する安心等が語られた。


<クロストーク「職」の部>
「就職、起業からテレワークまで―商都高崎 未来(これから)の働き方」と題し、就職支援の立場から加藤尚氏(ジョブカフェぐんま)、脱サラ起業の立場から新井信之氏(スポーツバー&ダイニングPitch)、ワーキングママと子育て支援の立場から結城奈津美氏(ままえーる)、高崎におけるテレワーク推進の立場から都丸一昭氏(タカサキチ)、以上4名にスピーカーとして登壇いただき、それぞれの経験を踏まえた上で、「高崎で働く」という点にフォーカスし掘り下げていった。
UIJターン人材の需要、東京における群馬へのUIJターン就職(Gターン)支援の内容、起業の点から見た高崎の商圏性、子育て女性のワークライフバランスから見た高崎、テレワークにより広がる高崎の可能性等が語られた。


<チェックアウト>
チェックイン時と同じグループになり、当初感じていたことがこのイベントを通じてどのように変化したか(あるいは変化しなかったか)等についてディスカッションにより共有した。各グループ内でより活発な意見交換が展開されていたこと、さらに「チェックイン」時に比べ、会場内に笑顔が溢れていたことが印象的であった。


<まとめ>
東京都在住者の約4割もの人たちが地方への移住を希望しているといわれている中で、日本は今、「地方創生」というキーワードを掲げ、国家戦略として東京から地方への人の流れを生み出そうとしているが、それは、変わりゆく時代に生きる人々の無意識のニーズの集合体が戦略化したもの、言い換えれば、人がどこに住み暮らすかという究極の「自己選択」にゆだねられた問題が、人々の価値観の変化を通して「国家戦略」になったものではないかとの前置きのもと、本事業の原動力が、今、存続問題が叫ばれている日本全国の「ふるさと」に溢れる豊かな資源や環境を、溢れ出す東京のニーズにぶつけてみたいとの想いにあり、地方の持つ課題と東京の持つニーズとのマッチングこそが本事業の目的であったことが語られ、「最後に想像してみてください。10年後、あなたはどこで暮らしていますか? どんな選択をしたとしてもきっと素晴らしい未来でありますように・・・」とのラストメッセージにより本事業は締め括られた。


■最後に
己の域をこえろ!井蛙(せいあ)大海を"渡る"―
そんな委員会スローガンのもと、昨年10月より1年をかけて取り組んだプロジェクトであり、64年の高崎JC史上初の東京単独例会となった本事業も、多くの方々のご協力により、無事開催・終了することができました。惜しみないご支援・ご協力をいただいたすべての皆さまに、心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。
当委員会が1年間探究してきたテーマはよりブラッシュアップの上、来年度に引き継がれることになります。高崎JCのさらなる挑戦と発信に引き続きご期待いただくとともに、今後とも変わらぬご支援・ご協力を何とぞよろしくお願い申し上げます。


2015年度広域政策探究委員会 委員長 泉 純平


1.JPG
2.JPG
3.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
9.JPG
10.JPG
11.JPG
12.JPG
13.JPG
高崎移住計画全景写真.jpg
14.JPG
15.JPG
16.JPG
17.JPG
18.JPG
21.JPG
23.JPG
DSC03723.JPG
25.jpg


Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25  

  • 公開事業事前申込み
  • 入会のご案内

ページのトップへ

事業案内
総 会
例 会
委員会事業
今後の事業
今後の事業
過去の事業
過去の事業
お問い合わせ
お問い合わせ
メンバー向けページ
ログイン