Home > 過去の事業

過去の事業

5月第一例会のご報告 (2015/05/27)

  

高崎の経済基盤の拡充へ-これからの地域経済発展の為に必要なこと-


■日時:平成27年5月22日(金)19:00~20:30


■場所:ヤマダ電機LABI1高崎LABIGate


■参加者:180名


■開催趣旨
高崎は関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線、北陸新幹線が交差する内陸交通軸の中心で、全国有数の交通拠点都市となっており、地域産業の成長につながっている。それを裏付けるように、平成23年度市民経済計算によると、高崎市の民営事業所数1万6,985事業所と従業者数16万6,871人はともに群馬県内でトップとなっており、市町村民所得総額1兆2,726億円と一人あたり市町村民所得342万円、ともに群馬県内トップクラスをほこる。
このような恵まれた環境におかれ、順調に成長してきた高崎であるが、今後、人口減少という問題は地域の発展に大きな壁となってくる。今後、高崎が経済発展していくためにはどうすればいいのか。国の財政が悪化の一途をたどる今、高度成長期のような国に頼った経済発展は望めない。それならば、東京を中心とする強い地域との協業を模索する必要があるのではないだろうか。東京の企業と人が求める高崎の利用価値を知ることができれば、協業が実現でき、高崎の経済基盤を拡充できると考える。
そこで、高崎市民に対し、これからの高崎経済発展の為に必要なことを伝え、実現に向け行動する意欲の向上を目的とし、事業を開催した。


■事業内容
<趣旨説明>
 高崎経済衰退の恐れを伝え、今後高崎が成長していく為には、地域が自立し、地域の個性と強みを活かして、東京及び周辺地域との協業を実現させることができれば、人と資本が集まる地域となり、高崎の経済基盤は拡充し、発展していけると説いた。


<講演>
 講師としてNSGグループ代表・アルビレックス新潟取締役会長の池田弘氏に登壇いただき、「高崎の経済基盤の拡充へ-これからの地域経済発展の為に必要なこと-」を大テーマとして、小テーマ①地域経済の自立と新たなことへの挑戦、小テーマ②個性の創造、小テーマ③新潟の個性と東京との経済的協業、小テーマ④池田氏からみた高崎の個性と東京との経済的協業、にそって講演いただいた。
講演冒頭の言葉、「過去の日本経済の復活の陰には常に挑戦者がいた。挑戦者が増えなければ経済は成長しない。」がとても印象的であった。我々経済人が働く場所をつくり、地域をつくる。地域に個性が生れれば、人々の幸福感につながり、人が集まる地域へとなる。来場者に力強く伝えていただいた。


<委員会発表>
小テーマ②と小テーマ③の間で、「東京の企業と人が求める高崎の利用価値と高崎の強み」をテーマに委員会発表を行った。東京在住者の今後の移住に関する動向調査及び東京で働く人に対してのインタビューを通じて、東京が求める利用価値と高崎市の経済規模、産業構造、強みを発表した。その上で当委員会が考える東京との協業モデル①研究機関と民間企業との連携促進によるメイドイン高崎の創出、②創業と再チャレンジの支援、③MICEを誘致し、人と企業との交流の場をつくる、を発表した。


<委員会提言>
 高崎の個性、強みを活かし、東京並びに周辺地域との協業を実現させることができれば、人と資本が集まる地域になり、発展していけると伝えた。また、その為には地域の企業の成長が欠かせず、起業と企業支援の為のネットワーク作りが必要であり、引き続きそのネットワーク作りを考え、実践していくことを発信した。


■最後に
 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。本例会を通して、一人でも多くの挑戦者が生れてくれることを願っています。挑戦する人、またそれを支える人、共に挑戦者だと思います。我々も引き続き起業と企業支援の為のネットワークの構築に向け、挑戦していきます。これからも共に5年後、10年後、100年後の高崎を創造していきましょう。


DSC01745.JPG


DSC01726.JPG


DSC01743.JPG


DSC01791.JPG


DSC01898.JPG


4月第一例会のご報告 (2015/05/07)

  

第36回森とオーケストラ「愛し、愛されるオーケストラ~私たちのまちの宝物~」


日 時:2015年4月29日(水・昭和の日)10:00~14:30
会 場:群馬の森 大芝生広場
来場者:15,000人


■開催趣旨
 群馬交響楽団は、戦後の暗い沈んだ時代を音楽で復興させようと「高崎市民オーケストラ」として創立された、日本初の市民楽団です。「森とオーケストラ」は、その高崎の誇りである音楽文化が、市民の暮らしの中により身近な存在となることを目指して行われてきました。このような高崎の地域特性のもと育まれてきた高崎音楽文化は、世代を経て今や特別な存在ではなくなりつつあります。高崎に住み続けるためには、高崎音楽文化を高崎市民共通の「価値」として共有する必要があるのではないでしょうか。
 そこで、本事業は群馬交響楽団の音楽を体感することにより、高崎音楽文化の魅力を知っていただくことを目的として開催しました。


■はじめに
 この度は、皆様のご協力のもと第36回森とオーケストラが盛大に且つ無事終了したことに感謝申し上げます。当日は晴天に恵まれ、15,000人の来場者を迎えることが出来ました。 
 今年36回目を迎えた「森とオーケストラ」、そして創立70周年を迎えた「群馬交響楽団」。これだけ長年にわたって継続できるのも、地域を愛して活動してきたからこそ、地域の皆様に愛されたのだと思います。そこで、テーマを「愛し、愛されるオーケストラ~私たちのまちの宝物~」と掲げました。今年は、この素晴らしい高崎の音楽文化をより多くの市民に知っていただき、体感していただきたい。そして、より多くの市民に高崎音楽文化の魅力を伝えたいとの想いで開催しました。


■事業内容
 パネル展示にて「群馬交響楽団」と「森とオーケストラ」の歴史を年表にまとめ、高崎音楽文化の歴史を発信しました。さらに、この展示パネルの中から出題したクイズラリーを開催することで、子供たちが親を巻き込んで参加していただき、幅広い世代に情報発信ができました。閲覧していただいた来場者は、高崎の誇る音楽文化の魅力に魅せられたはずです。
第1部「愛し、愛されるオーケストラ~私たちのまちの宝物~」では、群馬交響楽団の演奏を楽しんでいただきました。今年は群馬交響楽団創立70周年を記念し、音楽監督の大友直人氏を指揮者に迎えました。
第2部「あなたもメイ指揮者」では事前抽選1名と当日パネル展示を閲覧し、クイズラリーに参加していただいた来場者の中から抽選で選ばれた2名、会場で挙手指名された2名の計5名が指揮をしました。そして、今年はマエストロの衣装に変身したぐんまちゃんがサプライズ出演し、会場を沸かせました。
第3部「みんなで歌おう」では今年も高崎市少年少女合唱団が出演し、みんなで歌いました。会場がひとつになって、オーケストラの魅力・音楽の楽しさを体感していただけたと思います。
 演奏終了後には、森オケの人気コーナー「楽器に触れよう」を今年も開催させていただきました。今年は例年のバイオリン、ビオラ、チェロに加え、新たに打楽器が登場しました。楽器に触れて音が出る楽しさを、また楽器に触れることで伝わる音楽への感動を感じていただけたと思います。
■最後に
 春の息吹を感じながら、自然のなかで家族そろって群馬交響楽団の演奏を聴きながら過ごす。このような高崎ならではの素晴らしい事業にかかわらせていただいたことに感謝致します。そして、第36回と歴史ある事業を今後も継続していくため、来年以降にしっかりと引き継ぎ、森とオーケストラが益々発展していくことを祈念申し上げ、「第36回森とオーケストラ」のご報告とさせていただきます。
 ご来場いただきました皆様、ご協力いただきました企業、そして関係者の皆様、誠にありがとうございました。

パネル展示.JPG


マエストロぐんまちゃん.JPG


みんなで歌おう.JPG


メイ指揮者.JPG


メイ指揮者2.JPG


楽器に触れよう.jpg


大友監督.JPG


3月委員会事業のご報告 (2015/04/17)

  

開催報告『広域政策探究委員会3月委員会事業』


人が戻り、人に選ばれるまちへ―TAKASAKI GETBACK ACTION


■日時:平成27年3月23日(月)19時~21時
■会場:高崎シティギャラリーコアホール
■参加者:260名


■開催趣旨:
GET BACK:【自】(想いを持って)戻る、返り咲く 【他】取り戻す、奪還する


毎年1万2000人を超える人々が高崎市から住所を後にし、その1割を超える人々が東京都に転入している。その多くは10代後半から20代前半の若年世代であり、そのため高崎市の生産年齢人口は年々減少傾向をたどり、2010年からの30年間で約24パーセントの生産年齢人口が失われるとの推計が出されている(国立社会保障人口問題研究所2010年発表)。さらに、地方から出生率全国最下位の東京都に人口が集中することにより、我が国全体の少子高齢化にも拍車をかけている。
そんな中、昨年9月には安倍内閣に、「地方創生担当」ポストとともに、「まち・ひと・しごと創生本部」が新設され、その後11月には地方創生関連二法案が成立・施行された。それにより、昨年後半から「地方創生」というキーワードがにわかにクローズアップされ、また、昨年8月に政府が行った調査では、東京都在住者の約4割が何らかの形で地方への移住を希望しているとの結果も公表された。
これら多くの「地方移住予備軍」について、高崎市がその目的地・受け皿となり、地域のさらなる成長・発展につなげていくためには、行政や市民が地域の中だけでまちを考え自己完結させるのではなく、より広域的な視点により高崎の個性や価値を探究し、そのポテンシャルを積極的に外部に発信していく必要がある。
そこで、行政を含む高崎市民に対し、高崎の持つ価値や可能性を「よそ者」の視点から可視化しこれを再認識してもらうことで、自らが住まう地域への自信と誇りを取り戻し、その価値を積極的に外部に発信しようとする意識を持ってもらうことを目的として本事業を開催した。


■事業内容:
<趣旨説明>
高崎市の生産年齢人口の推移予測や都内在住者の地方移住ニーズを紹介するとともに、人がなぜ東京を目指すのか、地方と東京の関係を「Versus」(対抗)ではなく「Value Supply」(価値の補完)と位置付ける意識転換の必要性等を説いた。


<第1部 講演>
講師として認定NPO法人ふるさと回帰支援センターの代表理事を務める高橋公氏に登壇いただき、「いま、なぜ『ふるさと回帰』なのか~地方移住のこれからと選ばれるまちの条件~」をテーマに、地方移住の現状、移住者の受け入れが地域にもたらす影響、地方移住を成功させるために必要なこと等を講演いただいた。
リーマンショックや東日本大震災以降、若者の価値観に明らかな変化が生じ、それまでは「田舎暮らし」「ふるさと回帰」は、定年退職後のセカンドライフの位置づけだったのが、近年では都内を中心に20代から40代の地方移住希望者が急増していること、高崎のような東京への通勤圏内にある中核都市では初の取り組みとなり注目度も上がるので、高崎に住めばこんな生活ができるという「高崎スタイル」をぜひ作り上げ発信すべきであること等、力強い言葉が印象的であった。


<第2部 パネルディスカッション>
「"かがやき"が行き交うまち―ゲットバッカーズが語る高崎のポテンシャル」と題し、いずれも高崎(ないし群馬)へのU・I・Jターンの経験を持つ「ゲットバッカーズ」である、阿部剛志氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、金丸美樹氏(森永製菓)、田中清明氏(高崎市企画調整課)の3名のパネリストに登壇いただき、自らの経験を踏まえた上で、「よそ者」の視点から、「まち」「ひと」「しごと」における高崎の「ゲットバックポテンシャル」を語っていただき、9つのポテンシャルキーワードにより高崎の広域的価値を浮き彫りにしていった。
駅を中心にしてまちがコンパクトにまとまっていて生活がしやすいこと、高崎が中山道の宿場町として発展し、多くの人びとを迎え入れ、送り出してきたという歴史的背景から、高崎には多様な価値観を持つ「よそ者」を温かく(それでいて、押しつけがましくなく)受け入れる「宿場町DNA」が息づいており、それによりこの地域への「腰掛移住」に対して人々が寛容であること、東京まで100キロ1時間圏内という立地から、「転職しない地方移住(新幹線通勤)」が可能であることなど、パネリストたちが、ときにロジカルに、ときにエモーショナルに高崎のポテンシャルを語り上げ、来場者の心をしっかりと捉えていた。


<委員会提言>
高崎はインフラや経済・教育の基盤が整い、自然災害も少なく気候風土においても非常に恵まれた環境にある反面、行政を含む高崎市民がこの恵まれた環境が当たり前となっているために、高崎のもつ価値をあらためて意識することが少なく、これを外に対して伝えようとする努力をあまりしてこなかった(それこそが高崎を含む群馬の魅力度・幸福度が全国最低ランクという、地域に満足している私たちが相当な違和感を覚えるこの結果の一因である)との前提のもと、今回語られたような価値を持つこの地域をまずは私たちが愛すること、そして、この愛する地域が持っている価値を進んで外に向かって発信し、さらに大きな地域の価値、ゲットバックヒューマンに繋げること、それこそが私たちの「高崎ゲットバックアクション」である、ということが力強く発信された。


■最後に
アンケートの結果や、事業終了後にご来場の皆さまからいただいた言葉、その後の反響等からも、行政関係者を含む多くの方々が、本事業の発信に共鳴するとともに、自らの行動に繋げようとする意識が見て取れ、本事業の開催責任者として大きな励みとなりました。しかし、これに満足することなく、この先の発信も見据えて、今後さらに勉強を重ねていきたいと思っています。ご来場いただいた皆さまには心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。


(写真)


IMG_1059.jpg


IMG_1057.jpg


IMG_1075 2.JPG


IMG_1081.jpg


IMG_1091.jpg


11164209_907440209323763_757200273_n.jpg


IMG_1112 2.JPG


3月委員会勉強会のご報告 (2015/04/13)

  

2015年3月15日(日)高崎電気館(高崎市地域活性化センター)にて3月地域の文化探究委員会勉強会 「ここに泉あり」鑑賞会が開催されました。
 来る4月29日(昭和の日)に第36回森とオーケストラを迎えるにあたって、今年は高崎音楽文化の魅力を来場者の皆様に伝えたいと考えています。高崎音楽文化の魅力をお伝えするためには、まず我々がその文化の歴史を、先人の想いを知る必要があるのではないでしょうか。
 そこで、今回は高崎音楽文化の歴史を学び、先人の想いを知るために、現在高崎電気館にて無料上映が行われている「ここに泉あり」の鑑賞会を開催させていただきました。
 「ここに泉あり」は「音楽のある街たかさき」の先駆者であります群馬交響楽団の誕生の実話が描かれている作品です。群馬の地へ音楽文化を普及するという高い理想を抱いた人たちの喜びや悲しみがとても良く描かれています。
また、高崎市地域活性化センター1階の研修室では「群馬交響楽団」と「森とオーケストラ」の歴史について年表にまとめたパネルを展示し、高崎音楽文化の歴史を発信いたしました。
 当事業を通して改めて群馬交響楽団の、高崎音楽文化の魅力に魅せられました。「頑張れば何でも出来そうな気がする」と勇気付けられた方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。
 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
2015041301.jpg
2015041302.JPG


3月第一例会のご報告 (2015/03/14)

  

3月7日(土) 第28 回サケの稚魚放流事業が烏川左岸の和田橋歩道橋上流の親水公園にて行われ、ご家庭や小学校などで卵から大切に育てていただいた稚魚を放流しました。当日は雨模様のなか、多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
本年度は、公共工事の関係で、例年放流を行ってきた和田橋下の河川敷から対岸の親水公園へ、放流会場を変更しました。新しい場所での設営となり、事業計画の見直しを余儀なくされ大変苦労した事業となりました。至らない点は多々あったかと思いますが、大きな混乱なく無事放流を終えたのは、ひとえにご来場者の方のご理解とご協力によるものであり感謝申し上げます。
会場変更だけでなく、本年度は新しい試みを意欲的に取り入れました。まず、環境アドバイザー高崎地区会の皆様のご協力のもと、環境学習をするブースを設け、水の水質検査や環境温暖化の話などをしていただきました。サケが戻ってくる川であるためには、きれいな川でなければなりません。また、サケは冷たい水を好む魚なので、地球温暖化で水温が上昇すると川を上ってこられなくなるかもしれません。来場者は、熱心にアドバイザーのお話を聞いていました。また、群馬県自然指導員の先生の指導の下、ゴミ拾いをしながら、川辺の自然観察をおこないました。どこにでも生えているような枯草も、先生が説明すると大変興味深い気づきがあり、参加された方は目を輝かせて楽しんでいました。加えて、本事業の目的をご家庭で振り返ってもらおうと、小冊子を配布しました。
本事業をとうして、自然科学に対する好奇心と、命や自然を大切にする心を育てることができたのではないでしょうか。
近年では、サケが烏川まで戻ってきています。これは本事業を継続してきた成果であり、今後も事業を継続していきたいと思います。事業後には桜観音橋が開通し、まちなかから烏川までのアクセスがよくなってきました。今後は、出店の予定もあると聞きます。そのような烏川に、私たちが放流したサケがたくさん戻ってきて、サーモンウオッチの名所となったら素晴らしいなと考えると夢は膨らみます。

P3071110.JPGP3071125.JPGP3071158.JPGP3071222.JPGP3071230.JPG


Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24  

  • 公開事業事前申込み
  • 入会のご案内

ページのトップへ

事業案内
総 会
例 会
委員会事業
今後の事業
今後の事業
過去の事業
過去の事業
お問い合わせ
お問い合わせ
メンバー向けページ
ログイン