Home > 過去の事業

過去の事業

3月委員会事業のご報告 (2015/04/17)

  

開催報告『広域政策探究委員会3月委員会事業』


人が戻り、人に選ばれるまちへ―TAKASAKI GETBACK ACTION


■日時:平成27年3月23日(月)19時~21時
■会場:高崎シティギャラリーコアホール
■参加者:260名


■開催趣旨:
GET BACK:【自】(想いを持って)戻る、返り咲く 【他】取り戻す、奪還する


毎年1万2000人を超える人々が高崎市から住所を後にし、その1割を超える人々が東京都に転入している。その多くは10代後半から20代前半の若年世代であり、そのため高崎市の生産年齢人口は年々減少傾向をたどり、2010年からの30年間で約24パーセントの生産年齢人口が失われるとの推計が出されている(国立社会保障人口問題研究所2010年発表)。さらに、地方から出生率全国最下位の東京都に人口が集中することにより、我が国全体の少子高齢化にも拍車をかけている。
そんな中、昨年9月には安倍内閣に、「地方創生担当」ポストとともに、「まち・ひと・しごと創生本部」が新設され、その後11月には地方創生関連二法案が成立・施行された。それにより、昨年後半から「地方創生」というキーワードがにわかにクローズアップされ、また、昨年8月に政府が行った調査では、東京都在住者の約4割が何らかの形で地方への移住を希望しているとの結果も公表された。
これら多くの「地方移住予備軍」について、高崎市がその目的地・受け皿となり、地域のさらなる成長・発展につなげていくためには、行政や市民が地域の中だけでまちを考え自己完結させるのではなく、より広域的な視点により高崎の個性や価値を探究し、そのポテンシャルを積極的に外部に発信していく必要がある。
そこで、行政を含む高崎市民に対し、高崎の持つ価値や可能性を「よそ者」の視点から可視化しこれを再認識してもらうことで、自らが住まう地域への自信と誇りを取り戻し、その価値を積極的に外部に発信しようとする意識を持ってもらうことを目的として本事業を開催した。


■事業内容:
<趣旨説明>
高崎市の生産年齢人口の推移予測や都内在住者の地方移住ニーズを紹介するとともに、人がなぜ東京を目指すのか、地方と東京の関係を「Versus」(対抗)ではなく「Value Supply」(価値の補完)と位置付ける意識転換の必要性等を説いた。


<第1部 講演>
講師として認定NPO法人ふるさと回帰支援センターの代表理事を務める高橋公氏に登壇いただき、「いま、なぜ『ふるさと回帰』なのか~地方移住のこれからと選ばれるまちの条件~」をテーマに、地方移住の現状、移住者の受け入れが地域にもたらす影響、地方移住を成功させるために必要なこと等を講演いただいた。
リーマンショックや東日本大震災以降、若者の価値観に明らかな変化が生じ、それまでは「田舎暮らし」「ふるさと回帰」は、定年退職後のセカンドライフの位置づけだったのが、近年では都内を中心に20代から40代の地方移住希望者が急増していること、高崎のような東京への通勤圏内にある中核都市では初の取り組みとなり注目度も上がるので、高崎に住めばこんな生活ができるという「高崎スタイル」をぜひ作り上げ発信すべきであること等、力強い言葉が印象的であった。


<第2部 パネルディスカッション>
「"かがやき"が行き交うまち―ゲットバッカーズが語る高崎のポテンシャル」と題し、いずれも高崎(ないし群馬)へのU・I・Jターンの経験を持つ「ゲットバッカーズ」である、阿部剛志氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、金丸美樹氏(森永製菓)、田中清明氏(高崎市企画調整課)の3名のパネリストに登壇いただき、自らの経験を踏まえた上で、「よそ者」の視点から、「まち」「ひと」「しごと」における高崎の「ゲットバックポテンシャル」を語っていただき、9つのポテンシャルキーワードにより高崎の広域的価値を浮き彫りにしていった。
駅を中心にしてまちがコンパクトにまとまっていて生活がしやすいこと、高崎が中山道の宿場町として発展し、多くの人びとを迎え入れ、送り出してきたという歴史的背景から、高崎には多様な価値観を持つ「よそ者」を温かく(それでいて、押しつけがましくなく)受け入れる「宿場町DNA」が息づいており、それによりこの地域への「腰掛移住」に対して人々が寛容であること、東京まで100キロ1時間圏内という立地から、「転職しない地方移住(新幹線通勤)」が可能であることなど、パネリストたちが、ときにロジカルに、ときにエモーショナルに高崎のポテンシャルを語り上げ、来場者の心をしっかりと捉えていた。


<委員会提言>
高崎はインフラや経済・教育の基盤が整い、自然災害も少なく気候風土においても非常に恵まれた環境にある反面、行政を含む高崎市民がこの恵まれた環境が当たり前となっているために、高崎のもつ価値をあらためて意識することが少なく、これを外に対して伝えようとする努力をあまりしてこなかった(それこそが高崎を含む群馬の魅力度・幸福度が全国最低ランクという、地域に満足している私たちが相当な違和感を覚えるこの結果の一因である)との前提のもと、今回語られたような価値を持つこの地域をまずは私たちが愛すること、そして、この愛する地域が持っている価値を進んで外に向かって発信し、さらに大きな地域の価値、ゲットバックヒューマンに繋げること、それこそが私たちの「高崎ゲットバックアクション」である、ということが力強く発信された。


■最後に
アンケートの結果や、事業終了後にご来場の皆さまからいただいた言葉、その後の反響等からも、行政関係者を含む多くの方々が、本事業の発信に共鳴するとともに、自らの行動に繋げようとする意識が見て取れ、本事業の開催責任者として大きな励みとなりました。しかし、これに満足することなく、この先の発信も見据えて、今後さらに勉強を重ねていきたいと思っています。ご来場いただいた皆さまには心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。


(写真)


IMG_1059.jpg


IMG_1057.jpg


IMG_1075 2.JPG


IMG_1081.jpg


IMG_1091.jpg


11164209_907440209323763_757200273_n.jpg


IMG_1112 2.JPG


3月委員会勉強会のご報告 (2015/04/13)

  

2015年3月15日(日)高崎電気館(高崎市地域活性化センター)にて3月地域の文化探究委員会勉強会 「ここに泉あり」鑑賞会が開催されました。
 来る4月29日(昭和の日)に第36回森とオーケストラを迎えるにあたって、今年は高崎音楽文化の魅力を来場者の皆様に伝えたいと考えています。高崎音楽文化の魅力をお伝えするためには、まず我々がその文化の歴史を、先人の想いを知る必要があるのではないでしょうか。
 そこで、今回は高崎音楽文化の歴史を学び、先人の想いを知るために、現在高崎電気館にて無料上映が行われている「ここに泉あり」の鑑賞会を開催させていただきました。
 「ここに泉あり」は「音楽のある街たかさき」の先駆者であります群馬交響楽団の誕生の実話が描かれている作品です。群馬の地へ音楽文化を普及するという高い理想を抱いた人たちの喜びや悲しみがとても良く描かれています。
また、高崎市地域活性化センター1階の研修室では「群馬交響楽団」と「森とオーケストラ」の歴史について年表にまとめたパネルを展示し、高崎音楽文化の歴史を発信いたしました。
 当事業を通して改めて群馬交響楽団の、高崎音楽文化の魅力に魅せられました。「頑張れば何でも出来そうな気がする」と勇気付けられた方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。
 ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。
2015041301.jpg
2015041302.JPG


3月第一例会のご報告 (2015/03/14)

  

3月7日(土) 第28 回サケの稚魚放流事業が烏川左岸の和田橋歩道橋上流の親水公園にて行われ、ご家庭や小学校などで卵から大切に育てていただいた稚魚を放流しました。当日は雨模様のなか、多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。
本年度は、公共工事の関係で、例年放流を行ってきた和田橋下の河川敷から対岸の親水公園へ、放流会場を変更しました。新しい場所での設営となり、事業計画の見直しを余儀なくされ大変苦労した事業となりました。至らない点は多々あったかと思いますが、大きな混乱なく無事放流を終えたのは、ひとえにご来場者の方のご理解とご協力によるものであり感謝申し上げます。
会場変更だけでなく、本年度は新しい試みを意欲的に取り入れました。まず、環境アドバイザー高崎地区会の皆様のご協力のもと、環境学習をするブースを設け、水の水質検査や環境温暖化の話などをしていただきました。サケが戻ってくる川であるためには、きれいな川でなければなりません。また、サケは冷たい水を好む魚なので、地球温暖化で水温が上昇すると川を上ってこられなくなるかもしれません。来場者は、熱心にアドバイザーのお話を聞いていました。また、群馬県自然指導員の先生の指導の下、ゴミ拾いをしながら、川辺の自然観察をおこないました。どこにでも生えているような枯草も、先生が説明すると大変興味深い気づきがあり、参加された方は目を輝かせて楽しんでいました。加えて、本事業の目的をご家庭で振り返ってもらおうと、小冊子を配布しました。
本事業をとうして、自然科学に対する好奇心と、命や自然を大切にする心を育てることができたのではないでしょうか。
近年では、サケが烏川まで戻ってきています。これは本事業を継続してきた成果であり、今後も事業を継続していきたいと思います。事業後には桜観音橋が開通し、まちなかから烏川までのアクセスがよくなってきました。今後は、出店の予定もあると聞きます。そのような烏川に、私たちが放流したサケがたくさん戻ってきて、サーモンウオッチの名所となったら素晴らしいなと考えると夢は膨らみます。

P3071110.JPGP3071125.JPGP3071158.JPGP3071222.JPGP3071230.JPG


2月委員会事業のご報告 (2015/03/14)

  

2月16日(月) 高崎商工会議所にて会員開発委員会事業『温故知新、明るい未来を切り拓く〜コミットメント50・覚醒〜』が行われました。本事業は、青年会議所の使命を明確にして、会員拡大や主体的な行動(覚醒)につなげることを目的とし過去・現在・未来と時間軸で事業を進めていきました。


①第一部 (過去)松浦先輩と串田理事長の対談 青年会議所の使命や目的を知っていただき、JAYCEEとして何をするべきなのか考えてもらう。
② 第二部 (現在)ワークショップテーマA 青年会議所の良いところ・悪いところでは組織を客観的にみて現在の問題を見つけていただく。
③ 第二部 (未来)ワークショップテーマB 青年会議所での役割・明日からできることでは役割を認識していただき、個人の成長につなげていただく。
第一部では、松浦先輩にご登壇いただき、高崎青年会議所のチャーターメンバーとして活動され、奉仕・修練・友情のもと戦後の荒廃した高崎を復興するために、オール国産自動車ショーを開催し多くの市民に希望を与えたことや高崎ふるさとまつりをはじめたことで高崎に帰ってくる若者が増え街に活気がでたお話をしていただきました。高崎市長になった後の熱い想いを聞いて、高崎の地域性が優れていることや戦後からの街づくりの経緯をお話いただきました。また、串田理事長と対談することで高崎青年会議所はもっと気概を持ち、失敗を恐れず行動することが、高崎の明るい未来に繋がるという内容になりました。その過去の歴史や想いなどの気づきを踏まえ、第二部では、高崎青年会議所の良い部分悪い部分を見つめ直し、良い部分は伸ばし、悪い部分は変えていかなくてはいけないという現状の問題点をメンバーがどのように感じているのかを共有することで、メンバー一人ひとりが組織での役割をみつけていただく内容になりました。
テーマA「青年会議所の良いところ・悪いところ」では、対内事業ならではの本音の意見もでていました。現在の高崎青年会議所の問題点や長所が明確になり、何をやらなくてはいけないのか見つかった参加者が87%47名でした。アンケート問4では明日からできることがみつかりましたかという質問に、「はい」か「いいえ」で答えていただきましたが、87%の方がはいと答えています。自らできることを見つけることで、やるべきことが明確になり主体的な行動に繋がるのではないでしょうか。
またテーマBでは「青年会議所での自らの役割・明日からできること」については、具体的な行動を考える内容になりました。アンケート問5では明日からできることを具体的に答えていただきました。左記の通り、自らの役割を明確にすることで、メンバー一人ひとりが何をするべきなのかが分かり、自ら動き出そうという想いになるのではないでしょうか。拡大に関してはアンケートの中で「高崎青年会議所で一緒に活動したい、また紹介したい人がいたら記入してください」というお願いの中で、17人のメンバーが27人の方を具体的に紹介してくれました。グループワークの良いところでも仲間という回答が29%83個あがっていたことからも、多くの仲間がいるからこそ街を動かすことができる。そのために仲間が必要だということを感じたと推察できます。また、明日からできることが見つかった方が87%47人いたことから主体的な行動に繋がると考えます。主体的な行動により組織が強くなり、魅力が増しその結果拡大に繋がるのではないでしょうか。


写真 2015-02-16 19 33 44.jpg写真 2015-02-16 20 48 27.jpg


2 月第一例会のご報告 (2015/03/13)

  

2月7日(土) 伊勢崎プリオパレスにて公益社団法人 日本青年会議所 関東地区 群馬ブロック協議会第1回全体会議が行われました。高崎青年会議所からは昨年に引き続き多くのメンバーが出向しています。会長所信、基本理念、基本方針を共有し、今年度、群馬ブロック協議会に出向しているメンバーをLOM全体で応援してまいります。20150207_n.jpgIMG_5654.JPG


Page :            10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24  

  • 公開事業事前申込み
  • 入会のご案内

ページのトップへ

事業案内
総 会
例 会
委員会事業
今後の事業
今後の事業
過去の事業
過去の事業
お問い合わせ
お問い合わせ
メンバー向けページ
ログイン