Home > 新着情報

新着情報

6月委員会事業 体験学習推進委員会事業のご案内 (2018/05/30)

テーマ:『わくわく!サバイバル体験隊』~仲間と共に乗りこえろ~


日 時:2018年6月30日(土曜日)~7月1日(日曜日)
6月30日(土曜日)10:00受付開始
7月 1日(日曜日)12:00解散


会 場:観音山キャンプパーク・ジョイナス


事業内容
高崎市の大自然の中、子供達だけで仲間と協力し、食料の確保から調理、キャンプファイヤー、創作プログラムを行い、リーダーシップの醸成や、自然体験が出来る最高の舞台を用意致しました。
未来の強くて優しいガキ大将を輩出する為に!!


※雨天の場合、事業内容を一部変更して決行いたします。


※応募期間は5月25日(金曜日)をもって終了致しました。
沢山のご応募ありがとうございました。

キャンプチラシ表.jpg
キャンプチラシ裏.jpg


6月第一例会 明るい日本推進例会のご案内 (2018/05/15)

テーマ:カードで学べる安全保障~私たちの未来のために~


日時:2018年6月12日(火)
   19:00~20:15【開場18:30】


会場:高崎商工会議所 6階 ホール
    ※駐車場をご利用の方は、高崎商工会議所の立体駐車場をご利用ください。


参加費:無料、親子での参加可能


事前予約:
FAXまたは、eメール、以下の申し込みフォームより申し込みください。
申し込みフォーム


事業内容:
 安心で安全な生活を送るために、私たちはどこまで安全保障の知識を持ち合わせているでしょうか。
 第一部では日本を取り巻く安全保障に関して、国防などの堅い話だけではなく、きれいな水道水があたりまえに飲めることなど国から身近なことに関して問題を講演していただきます。
 第二部では子どもも大人も楽しめる日本青年会議所の作成したカードゲームプログラムを通じて、国の安全はもちろん、環境や医療、エネルギーや水など様々な分野の安全保障への理解を深めて頂きます。
 平和で安全な暮らしのために、未来を見据えた安全保障への知識と意識を持ち、私たちの身近からできる安全保障を考えていきましょう。


【第一部】
公益社団法人 日本青年会議所 国家戦略グループ 安全保障確立委員会 副委員長 細川直人氏による講演会


【第二部】
おまもりカードプログラム
・アンポカードゲームの実施
・身近にできる安全保障についてのディスカッション


※事業後にカードゲームの無料での貸し出しも行います。


中止の場合:当ウェブサイト、Facebookページ、LINE(高崎青年会議所とお友達になるとメッセージで通知が届きます)でご案内致します。

安全保障チラシ表.jpg
安全保障チラシ裏.jpg


6月委員会事業 関係人口創出委員会事業のご案内 (2018/05/07)

テーマ:「関係人口入門 -たかさき編-」~定住人口でも交流人口でもない第三の人口~


日 時:2018年6月1日(金)19:00~21:00【開場18:30】


会 場:高崎市総合福祉センター たまごホール


参加費:無料


事業内容:
 人口減少、少子高齢化、コミュニティ衰退が急速に進む現在、地方圏から東京圏への転出超過による東京一極集中の傾向を是正できていません。一方、人々が居住地以外の地域と関わる機会も多様化しています。例えば、都市部で生活しながらも、故郷の地域のコミュニティ活動を担っている人、故郷ではないが頻繁にその地域に行き来し、まちづくりイベントに参画しながらローカルライフを楽しむ人、過去にその地域で居住や勤務、滞在した経験から、頻繁には行き来しないが、何らかの形で地域を応援する人等、このように長期的な定住人口でも短期的な交流人口でもない関係人口が新たに注目されています。
 本事業はこの新しい第三の人口である「関係人口」を題材にした事業です。第一部、二部を通じて関係人口とは何か、関係人口を増やしていくには何が必要かを皆様に周知していきたいと考えております。


【第一部】
田中輝美氏による講演会 講演テーマ:「関係人口という提案」


【第二部】 
パネルディスカッションテーマ:「たかさき版関係人口」
パネリスト:田中輝美氏 (ローカルジャーナリスト)
高橋淳氏  (地域おこし協力隊)
岡田恵子氏 (そば処きのえね)
勝見洋介氏 (群馬県企画部地域政策課 過疎・地域企画)
小柏 剛氏 (高崎市総務部企画調整課)


事前予約:
FAXまたは、eメール、以下の申し込みフォームより申し込みください。
申し込みフォーム


中止の場合:当ウェブサイト、Facebookページ、LINE(高崎青年会議所とお友達になるとメッセージで通知が届きます)でご案内致します。

関係人口表.jpg
関係人口裏.jpg


5月委員会事業 地域共育推進事業のご案内 (2018/05/07)

テーマ:おやこ未来応援団~未来を生き抜く子育て~


日 時:2018年5月30日(水)19:00~20:38(18:30受付開始)


会 場:高崎市総合福祉センター たまごホール


事前予約:
FAXまたは、eメール、以下の申し込みフォームより申し込みください。
申し込みフォーム


事業内容:
未来を牽引する子どもの生きる力を育て、子どもの自立を促すために、子育て世代の大人たちの学びとして、K.I.T. 虎ノ門大学院教授、放課後NPOアフタースクール及びNPO法人3Keys理事であり、「自分で決めてできる」子どもが育つお手伝い至上主義!著者の三谷宏治氏に講演いただきます。


■子育て振り返りチェック
 □親が毎朝、子どもを起こしている。
 (自分で起きる習慣を身につけていきましょう。)
 □親が時間割、忘れ物のチェックを毎日している。
 (時間割を揃えて、忘れ物のチェックは自分でさせましょう。)
 □子どもの忘れ物にきづくと、いちいち学校に届ける。
 (いつまでたっても忘れ物をしてはいけないという意識が育ちません。)


いかがだったでしょうか。当日は親子優先席をご用意して、お待ちしております。


中止の場合:当ホームページ、Facebook、LINE(高崎青年会議所とお友達になるとメッセージで通知が届きます)でご案内致します。

地域共育表.jpg
地域共育裏.jpg


4月第一例会「第39回森とオーケストラ」のご報告 (2018/05/02)

テーマ:39回目の物語。私たちのまちのオーケストラ


日 時:2018年4月29日 日曜日


会 場:群馬の森 大芝生広場


来場者:9,260人


■開催趣旨
 群馬交響楽団の歴史は1945年第二次世界大戦後に遡ります。戦後の暗く沈んだ世の中を音楽の力で復興させようと考えた若者たちの手で日本初となる「高崎市民オーケストラ」が誕生しました。市民の暮らしの身近な存在であるべく活動してきた群馬交響楽団でしたが経営状況は厳しく1970年代には存続すら危ぶまれる状況でした。そんな経営危機を救ったのが高崎青年会議所でした。そして群馬交響楽団と高崎青年会議所が手を取り合い開催された事業が今日まで続く「森とオーケストラ」です。本事業は今年度で39回目を迎えます。来年度の第40回に向け改めて高崎の音楽文化の礎となった群馬交響楽団、森とオーケストラの歴史や物語を知り、体感することで改めて本事業の素晴らしさを感じ、楽しむことで森とオーケストラが高崎の誇りであることを認識すると共に親から子、子から孫へと語り継がれる事業となることを目的とし開催しました。


■事業内容
 群馬交響楽団による野外演奏、あなたもメイ指揮者、みんなで歌おう、楽器に触れよう、森とオーケストラと群馬交響楽団の歴史や文化を学べることをできる紙芝居の読み聞かせ、段ボール迷路を使ったパネル展示コーナー。


■最後に
 第39回森とオーケストラ「私たちのまちのオーケストラ」たくさんのご来場の皆様とたくさんのメンバーの皆様のご協力があり無事に終えることができました。事業当日はお天気にも恵まれて快晴のなか群馬交響楽団による野外演奏をご来場の皆様には楽しんでいただきことができたのではないでしょうか。
 今回新しいコンテンツとして森とオーケストラ、群馬交響楽団の歴史や文化を知ることのできる紙芝居の読み聞かせ、段ボールの迷路を使ったパネル展示を行いました。たくさんの来場者の皆様の笑顔が本当にうれしく思いました。ご来場の皆様この度は誠にありがとうございました。そして来年も是非お待ちしております。

IMG_4031.JPG
IMG_4084.JPG
IMG_3977.JPG
IMG_4960.JPG
IMG_9536.JPG
IMG_9537.JPG
IMG_4290.JPG
DSCF6739.JPG
IMG_4534.JPG
IMG_4816.JPG
IMG_4827.JPG
IMG_5022.JPG
IMG_5029.JPG


Page :            10 11 12  

ページのトップへ ▲